Blog ハーイ、むらっち

一服をつくるしごと

2021.11.09 Update

こんにちは!広報委員会です。

今回の「ハーイ!むらっち」は宮津の「磯野開化堂」さんにお邪魔しました!

前回に引き続き、林さんと宮津の町をぶらぶらと。
メチャ天気よい!

コチラの「磯野開化堂」さんは、創業明治30年。
宮津でお茶の販売を続けて124年の老舗で宮津YEGの磯野さんは5代目当主です。

昔ながらの茶箱や茶道具に、

こんなレトロなものまで。引札と言って、昔のチラシだそうです。

冷たい日本茶をいただきながら、話題は府青連の運営についてへと。。。
大会の話。。。コロナの話。。。運営メンバーへの想い。。。
まあ、話は尽きません。。。みんなYEG好きやなー。

美味しいお茶がつくる一服は仲間同士が語る心地よい時間を提供してくれました。

宮津市の人口は約17,000人、この40年間でおよそ12,000人減少しています。この辺りにも何軒もお茶屋さんがあったそうですが今では磯野開化堂さんだけになってしまったそうです。市内の需要だけに頼っていられないと、市外はもとより海外にも積極的に磯野開化堂のお茶をPRされています。
日本茶インストラクターでもある磯野さん。最高のブレンドでお茶本来の味を提供する一方で、高校生から意見を聞くなど柔軟な姿勢で時代に沿った味や形のお茶の開発にも注力されています。
また、店舗奥にあるお茶の加工機械や梱包機械を駆使して、オリジナルのフレーバーティーやティーバッグを作るなど法人個人問わず様々な要望に応えていらっしゃいます。

そんな色んなチャレンジが成果となって出ています。京都ギフトショーで準グランプリ受賞された商品も!

6代目が帰社されたので、記念に一枚!
左から宮津YEG事務局の平岡さん、林副会長、村田会長、磯野さんと6代目

ムラッチからひと言

単会でも会長を務め、府青連でも委員長や副会長を務められた経験豊富な磯野くん。今年度は日本YEGに出向いただいています。美味しいお茶をご馳走になりながら、楽しい話が尽きませんでした。6代目が活躍する日が待ち遠しいですね!

宮津YEG 磯野 修一

【株式会社 磯野開化堂】
【店舗所在地】京都府宮津市字魚屋954
【電話番号】0772-22-1185
【ホームページ】https://isonokaikado.com/