単会会長

宮津YEG会長

池田 憲治

令和2年度宮津商工会議所青年部の会長を務めさていただく池田 憲治です。
今年度は、「飛翔~想いをカタチに~」とスローガンを掲げ1年間活動してまいります。青年部活動を支える想いをカタチにすることで、青年部活動の楽しさややりがいだけでなく自企業の発展にも貢献できると思います。新型コロナウイルスの影響がいつ終息するかわからない大変な時ではありますが、こんな時だからこそ青年部メンバー一丸となって頑張っていきたいと思っています。どうぞ1年間よろしくお願いします。

舞鶴YEG会長

江波 明

Here we go !  ~笑顔のバトンを次世代へ繋ぐ~
この度、舞鶴商工会議所青年部(以下、舞鶴YEG)の会長を拝命いたしました江波明です。今年度、舞鶴YEGは創立40周年を迎える記念すべき年度となります。これまで先輩諸兄が40年間にわたり培ってこられた歴史と伝統とご尽力に感謝をするとともに、次世代へしっかりと承継するためにも、時代にあった柔軟な発想を持った若い世代を中心に活躍の場を設けた会の運営に努めていくことが私に課せられた使命と考えております。この思いを込め、今年度スローガンをHere we go !  ~笑顔のバトンを次世代へ繋ぐ~としました。私自身、非常に微力ではございますが、これらを実現するために精一杯力を注いでまいります。

綾部YEG会長

小寺 建樹

令和2年度、綾部商工会議所青年部第40代会長を仰せつかりました小寺建樹です。令和2年度綾部YEGは「綾部創生~連帯の証を力に、希望溢れる未来へ~」をスローガンに掲げ活動をして参ります。また、今年度は40周年の節目を迎える年度となり、「感謝、報告、ビジョン」をしっかりと感じていただける40周年式典、事業、懇親会を開催いたします。その他にも、SDGsの推進、BCP(事業継続計画)の策定を推進、更には事業承継が抱える課題に目を向けた政策提言を実施いたします。
新型コロナウイルス感染症拡大防止によりあらゆるものが自粛され中止、延期となる昨今ですが、この状況のなかでも「今できる事」を模索しながら、活動理念にも掲げます「求められるYEGへ」を実現できるようにメンバーと共にこの逆境を乗り越え、希望溢れる未来を実現して参りたいと思います。一年間どうぞ宜しくお願いします。

福知山YEG会長

足立 崇

令和2年度は「学び・楽しむ ~溢れる愛と想いをその未来(さき)へ繋ぐ~」をスローガンに掲げ、3つの愛をもって活動していきます。1つ目は、青年部愛。2つ目は、郷土愛。3つ目は、家族愛です。
会員全員が「青年部が好きだ」と思える団体にしていきたいと考え、このスローガンを掲げました。また、地域を支える青年経済人として、この青年部愛・郷土愛・家族愛を各々が育むことで、自企業の発展、地域社会の貢献に繋がると考えております。
また、日本全体が新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、地域経済のダメージは徐々に深刻になりつつ中、様々な不安があると思います。こういう時こそ、お互いに不安な部分を共有し、協力し合うことでこの危機を乗り越えていきましょう。

亀岡YEG会長

中村 篤志

令和2年度亀岡商工会議所青年部会長を務めさせて頂きます中村篤志です。
本年度は「一期一会~YEGと友に新たなご縁を~」をスローガンに掲げ、今日という日は一期一会、今の出会いも一期一会という思いを持ち日々の出会いに感謝しながら挑戦と努力を続けて参ります。
本年度は京都府青連会長輩出年度です。亀岡YEGメンバーが共に学び高めあう事で団結し、最高の仲間として成長していくことで京都府青連会長の後押しができると信じております。どうぞよろしくお願い致します。

京都YEG会長

徳山 哲大

今年度、京都YEGは30周年を迎えます!
これからも会が継続していく為にも次代の経営者達に繋げていけるYEG活動を取り組んでいきたいと思っています!また今年度は府青連の会員大会が京都YEG主管で開催されますので、8単会も一つになって絆を深めたいと思います。
そして何よりコロナウィルスの拡大に青年部としても何ができるのか。今できるYEG活動をYEGの仲間の為そして自社の為に、この困難を京都府内がOne Teamになって齋田会長を先頭に皆で力を合わせて乗り越えていきましょう!

宇治YEG会長

若林 哲

令和2年度宇治YEGでは40周年の節目を迎え「NEXY」~次代の為に行動を~スローガンにこれからの宇治市、宇治YEGを担っていく会員に今まで以上に研修や交流などの事業に積極的に参加できるよう魅力ある事業を展開していく予定でございました。
しかし先の新型コロナウイルス感染症に伴い、会員の店舗、企業では大変苦しい状況が続いており、宇治YEGは苦渋の決断で9月までの半年間、宇治YEGの事業は一旦見送る事になりました。
宇治YEGとしてはまず半年間、自企業に活動に専念頂き、10月から青年部事業活動を進めて参ります。まずは会員それぞれの企業活動を最優先に、情報交換を積極的に行い、そこから生まれる会員間の更なる絆を大切にする1年間として邁進する所存でございます。

城陽YEG会長

河本 大輔

令和2年度の城陽YEGのスローガンは和一緒~共に未来を築く今からの一歩~です。YEGの中心的活動である研鑽と交流を通して、会員同士、会員と地域社会の繋がりを創っていけるような事業を目指します。
和一緒は、わっしょいの語源とも言われています。みんなで一緒に、和して、未来を創るための今を共に歩きたい。みんなで輪になって、一丸となって、この厳しい時代を進んでいきたい。そして新時代を創る礎となりたい。そんな想いを込めてこのスローガンを掲げました。YEGには、様々な状況の会員がいます。様々な性格の会員がいます。そんな十人十色の会員同士が、互いに相手のことを思いやり、調和しながら一緒に活動してまいりしょう。